に投稿 コメントを残す

クリニックで早漏治療を受けるときの費用相場

早漏治療を行う具体的な方法とは

早漏とはセックスの際に短時間で射精してしまうため、パートナーの女性を満足させられない状態のことです。
主な原因はペニスが過度に刺激を感じてしまう機能的なものと、性行為に対する不安による心理的なものがあります。
過敏性や包茎性の早漏が前者に分類され心因性早漏が後者に分類されます。
早漏治療を行う具体的な方法には内服薬の投与や薬剤の注入、包茎手術や亀頭冠焼灼法を挙げることができます。
内服薬はセックスの1時間前から3時間前に服用すると、射精までの時間が3倍から4倍になり女性の満足度も約2倍に高まります。
ペニスの表皮と深部神経の間に薬剤を注入して膜を形成するのも有効な早漏治療の方法です。
この方法は敏感な部分をピンポイントで治療することが可能で、過剰な刺激が軽減されて射精までの時間が延びます。
包茎手術を受ければペニスが外気に晒されて日常的に鍛えられるため、刺激に強くなることができます。
亀頭のカリ首の部分を焼く亀頭冠焼灼法も、過度な刺激を抑えて射精までの時間を延長できる有効な早漏治療の方法です。

早漏治療の費用相場について

早漏治療の費用としては30mgの内服薬を3錠処方する場合だと約1万円ほど必要になります。
内服薬は早漏が完全に改善されるまで継続的に服用しなければならず、総合的な費用が高くなる可能性があるので注意が必要です。
薬剤を注入する方法ならば無痛麻酔で早漏治療を行うことができ、何度も通院する必要がありません。
一般的な費用の相場は8万円から15万円ほどなので、内服薬を使用する場合と比べると1回あたりの費用が高くなります。
包茎手術には包皮環状切除法や包皮小帯切除法などの方法があり、それぞれ費用相場に違いが見られます。
前者は余分な包皮を切除する方法で、後者はセックスの際に強い刺激を受ける包皮小帯部を切除する方法です。
これらの方法で早漏治療を行う場合の費用は、10万円から15万円ほどが相場とされています。
亀頭冠焼灼法は焼灼によって上皮の硬さや厚みが増して敏感さを和らげる方法で、費用の相場は10万円から15万円ほどです。

まとめ

早漏には過敏性や包茎性のように機能的な原因と心因性の原因が存在します。
いずれの場合もクリニックで適切な方法による早漏治療を行えば、射精までの時間を延長することが可能です。
早漏治療の代表的な方法には内服薬の投与や薬剤の注入、包茎手術や亀頭冠焼灼法があります。
内服薬の投与は1回あたりの費用を安く抑えることができますが、完全に早漏を治すには継続的な服用が必要です。
薬剤の注入や包茎手術、亀頭冠焼灼法はある程度の費用がかかるもののペニスが刺激に強くなり早漏を改善できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。